これがベトナム大学院の実態だ!

Trường Đại Học Bách Khoa Thành Phố Hồ Chí Minhの大学院修士課程に社会人入学

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên 9回目および中間試験

2019年5月4日、Xử lý ngôn ngữ tự nhiênの9回目および中間試験が行われた。
これを読んであれ?って思った人、正解。
そもそも中間試験って単独で行うべきものなのに、その後授業が行われるというのも疲労度倍増だが、今回は授業があり、その後試験であった。
てっきり第7章の宿題の答え合わせが行われ、同じ問題が試験に出ると踏んでいたが、あいにくと8章に入った。当然宿題の答え合わせもなく、一応宿題のアサインはあったが、出席も取らず来た意味はなかった。
その点、16:50ぐらいに来た唯一の女子学生というか、女性学生というか微妙なところだがその唯一の女の学生は正解。要領良子さんと呼ぶべきだろう。
一応参加賞を貼っておく。

f:id:k4h8:20190506134507j:plainf:id:k4h8:20190506134510j:plain
8章宿題
そんなわけで休憩時間中にアシスタントと思われる人が試験問題を持って入ってきたが、試験監督には先生も含まれていた。
つまりアシスタントは純粋に問題用紙と解答用紙を持ってきただけだ。
肝心の問題だが、なんと英語版問題用紙の記述に間違いがあり、結局ベトナム語版も受け取った。
f:id:k4h8:20190506134539j:plain
中間試験問題
とはいえ問題の形式は昨年度と全く同じで、語句(=数値)だけ変えてある。
これにより大問1(35%)と大問3(30%)は昨年度の解答をもとに書けばよい。
大問2(35%)はそもそも答えようがないので、語句が違うともうアウト。
うまくいけば60%ぐらい、厳密には10点満点中6点となるが、結果はいかに。
一応教科書とスライド以外持ち込み不可だが、実質何を見ても答えがないのでカンニングのしようがない。
他の学生の答案を見たとしても、まともなのは要領よしお君ぐらいで、その彼も途中から失速してきたので誰の答案を見ても有利にならない。
空港並みの無駄な金属探知機や無駄に多い試験監督人数などの対策を一切することなくカンニングを防止しているというか、カンニングできるものならやってみろ的な文字通り無理難題といえる問題であった。
唯一の救いは期末試験も傾向は同じだろうから、過去問を熟読し、無駄なことは一切やらないで本番の時間を有効に使うようにしたい。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên中間試験の時間帯

驚くなかれ、なんと同科目の今期の中間試験においては普通に授業をし、その後中間試験が行われるとの連絡が入った。
これにより遅刻の心配はなくむしろ疲れを残さないようにゆっくり行った方がいいが、それにしても通常は中間試験だけですぐ解散になるのに、まさか試験後授業どころか授業後試験ということでこの日は通常の授業の倍拘束されることはもちろん、帰るころには暗くなっているのがネック。

Học kỳ 2/2018-2019期末試験の日程決まる

まだ中間試験すら行われていないが、Học kỳ 2/2018-2019期末試験の日程が発表された。
とはいえ今期はXử lý ngôn ngữ tự nhiênの1科目しか登録していないが。
Xデーは6月29日である。
授業の残り回数からするとギリギリで、おそらく最終授業日の次の週には試験が行われるものと思われる。
これで7、8、9月の3か月間は何もなし、10月から翌年2月までの5か月間は4科目15単位の授業となり、非常に大変な機関となることが予想されている。
この何もないと授業がありすぎの差が大きすぎるのでならしたいところ。
できれば3期で専門必修科目のうち2科目が開講されるとありがたい。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên 8回目

2019年4月20日、Xử lý ngôn ngữ tự nhiênの8回目が行われた。
結論から言うと、この日は来ただけ無駄であった。
新たな宿題のアサインもなければ、前回の宿題の答えを学生が板書する時間もなかった。
なお、ほぼ毎回出席を取ってはいるが、実は出席は全く成績に反映されないので、毎回出席しても単位取得にならない。
逆にほとんど欠席でも自分で教科書などを読んで試験の点数が高ければ単位取得になる。
一応、次回(9回目)が中間試験ということもあって復習のような時間を取ったが、その際に行われた問題についての写真を掲載しておこう。

f:id:k4h8:20190422123125j:plainf:id:k4h8:20190422123102j:plainf:id:k4h8:20190422123106j:plainf:id:k4h8:20190422123112j:plainf:id:k4h8:20190422123117j:plainf:id:k4h8:20190422123121j:plain
Xử lý ngôn ngữ tự nhiên 8回目の画像6点
また、試験の注意点として、PC持ち込みができなくなったことが挙げられる。
去年はPC持ち込みが可能だったが、その場合スライドを開いているのかその他の有益な情報を見ているのかが分かりずらいからだろう。
事実、正直者が馬鹿を見るの格言にのっとり、本当にスライドだけを見ていたら低得点。
おそらく高得点者は写真などを見ていたのだろう。
そこで、今年の持ち込みは教科書とスライド(を印刷した紙)だけが持ち込み可能となった。
もちろん教科書の余白に章末問題の答えを書いておくことが必要不可欠であるが、余白は狭いので、スライドに意図的に余白を設け、それを印刷し、余白に答えを書いて持参するのがいいだろう。もはや情報戦だ。
というか、パワーポイントであればそこに直接過去問や章末問題の答えを入力して印刷すれば元のスライドと判別不可能ではないだろうか。
昨年度は毎回無遅刻無欠席にもかかわらず単位取得ができなかったので、今年度は手段を選ばずに行こう。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên別な宿題が!

前回のエントリにて、宿題の内容を書いたが、昨夜になってメールが来た。
なんと、宿題の問題は別であったというのだ。

1. Hand simulate the Viterbi algorithm using the data and probability estimates in Figures7.4- 7.6 on the sentence Flower flowers like flowers. Draw transition network as in Figure 7.10-7.12 for the problem, and identify what part of speech the algorithm identifies for each word.
文章「Flower flowers like flowers」の図7.4〜7.6のデータと確率の推定値を使用してビタビアルゴリズムを手でシミュレートします。問題について図7.10-7.12のように遷移ネットワークを描き、アルゴリズムが各単語についてどの品詞を識別するかを識別します。

Flower flowers like flowers
N V P N

2. Using the bigram and lexical generation probabilities given in this chapter, calculate the word probabilities using the forward algorithm for the sentence The a flies like flower (involving a very rare use of the word a as a noun, as in the a flies, the b flies, and so on). Remember to use 0.0001 as a probability for any bigram not in the table. Are the results you get reasonable? If not, what is the problem and how might it be fixed?
この章で与えられているバイグラムおよび語彙生成確率を使用して、文「The a flies like flower」の順方向アルゴリズムを使用して単語確率を計算します(a flies、b fliesなどのように、aという単語を名詞として使用することはめったにありません)。表にないバイグラムの確率として0.0001を使用することを忘れないでください。 あなたは合理的な結果を得ましたか? そうでない場合、問題は何ですか、そしてどのようにそれは修正されるかもしれませんか。

The a flies like flower
ART N N V N

さすがに昨日の今日だし、締め切りはメールが来てから1週間後と解釈するのが正しいだろう。
それとともに、前回の授業が尻切れトンボで終わってしまったこともあってか、宿題の答えも送られてきた。
つまり前回休んだ要領よしお君、正解。
前回の宿題の答えも、次回までにすべき宿題の問題文もすべてネットで手に入ったのだ。
なんだかそれこそ未来を見通す力があるみたいだ。
なにせ前回の授業は休んでも良かったのだから。
一応メリットとしては板書した人には板書点が与えられたことか。
つまり、前回の授業では板書しなかった人は来た意味がなかったということになる。
そういうこともあるので、板書は積極的に行いたい。
逆に、板書の時に動けさえすれば、後の時間は授業を抜け出してトイレに行こうが食事に行こうがベンチで寝てようがかまわない。
むしろ力を入れるべき時に一生懸命になり、力を抜いてもいい時には充電を行おう。

なお、次の次の授業の時間を利用して中間試験が行われる。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên 7回目

2019年4月6日、Xử lý ngôn ngữ tự nhiênの7回目が行われた。
この日は7章のスライド9ページから。
前回が18ページまでだったから、内容が一部重複する。

f:id:k4h8:20190408173716j:plainf:id:k4h8:20190408173720j:plain
本日出た宿題
birds like flowers
Hãy tính chuỗi từ loại phù hợp cho các từ trong câu trên bằng phương pháp Viterbi gợi ý tính xác suất từ vựng cho các từ chưa có trong hình 7.6 bằng hình 7.5.

f:id:k4h8:20190408173812j:plainf:id:k4h8:20190408173816j:plain
前回の宿題の答え

なお、この日は要領よしお君が欠席しており、板書をしようと前に出たのはたった一人。
その後数秒経っても誰も前に行かないのでこれはチャンスとばかりに自分も躍り出た。
が、この2名以外に板書をした学生はなかった。