これがベトナム大学院の実態だ!

Trường Đại Học Bách Khoa Thành Phố Hồ Chí Minhの大学院修士課程に社会人入学

Triết họcの総括

【概要】
科目名:Triết học
授業日:2018年3月24日~2018年5月13日
試験日:2018年6月14日
授業料:1,560,000đồng(7,590円)
点数:7.2(10点満点)

【成績のつけ方】
出席+グループでのプレゼン+グループでの小テスト:10%
レポート:30%
期末試験:60%
毎回出席を取っていたが、それだけではなく、グループによるプレゼンや小テスト全て含めて10%である。
ふつうはプレゼンだけで30%ぐらいなのだが、労多くして益の少ない平常点である。
また、外国人学生は期末試験に替えて指定の別レポートとなる。
つまり、レポート2個で合わせて90%。
レポートに関しては後述。

【感想】
レポート自体は授業に1回も出なくても作れるので、これで90%なのだから楽な科目といえる。
日本の大学の場合、レポートは自分の考えを書くものであり、ネットからのコピー貼り付けは減点されたり、下手をすれば欧米ではそれだけで単位取得ができないらしい。
ベトナムの大学においては逆である。
先のHọc kỳ 1/2017-2018におけるHệ cơ sở dữ liệu nâng caoでレポートで自分の考えを書いたためレポートを0点にされ、ネットからのコピー貼り付けをするように指導された。総合成績は10点満点中3.7点。
そこで今回は同じ轍を踏まないよう、それらしいサイトを検索しコピー貼り付けしたところ10点満点中7.2点という快挙であった。
すごく苦労して書いたレポートが評価されず、コピーして数時間で作ったレポート(と呼べるのか?)が高評価というのもおかしいが、これは短時間で効率よく作業をこなせということなのだろう。
また、授業においては前半は主な哲学者についての内容だったが、後半から社会主義についての内容であった。ベトナム社会主義にいてはみんな知っているので、レポートでは多くの学生が社会主義の不便さについて書いたようである。社会主義の大変さについてはベトナム人の方が詳しいだろうから、同じ土俵に乗っても彼らよりいいレポートを書くことは難しい。そこで、日本についてのレポートを書いて提出した。これなら負けないだろうと思ったが、その判断は正しかった。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiênの総括

【概要】
科目名:Xử lý ngôn ngữ tự nhiên
授業日:2018年3月4日~2018年6月17日
試験日:2018年7月1日
授業料:2,280,000đồng(11,108円)
点数:3.8(10点満点)

【成績のつけ方】
毎回の宿題(全部で10回ぐらい):15%
最終課題:15%
中間試験:30%
期末試験:40%
ほぼ毎回出席を取っていたが、出席が点数に反映されていないので無理に来る必要はない。
逆に、どんなに頑張っても日ごろの出席と無関係の最終課題+中間試験+期末試験で85%を占める。

【感想】
毎回の出席確認タイムに嬉々としていたが、何の意味もないとわかり愕然としている。
成績のつけ方が3月の時点でわかっていたら疲れた体に鞭打って学校に行く必要もなかったのに、時間と労力の無駄だ。
唯一の評価点は中間試験と期末試験の問題持ち帰り及び模範解答配布が行われたこと。
また、教科書が同じである以上毎回の宿題も毎年同じであることから、来年再履修すれば8割は堅いと思われる。退屈な授業だけどね。
選択科目なので別な授業を取った方が面白いのではあるが、単位が取れなければ修士の学位も取れないので、やむを得ず来年も登録することになると思われる。

Học kỳ 2/2017-2018総括

合わせ、2017-2018年度の総括となる。
f:id:k4h8:20180717103716p:plain
今期Học kỳ 2/2017-2018において取得した単位は3単位。
これは、Học kỳ 1/2017-2018と同じだ。
つまり今年度、2017-2018年度での取得単位数は合計で6単位ということになる。
修士取得には60単位が必要なため、半年前の危惧通り、このペースでいくと本当に10年かかる。

なお、唯一取れた科目はTriết họcであった。
妻から、「この科目、ひょっとして賄賂払った?」と聞かれはっとした。
今期で課金した唯一の科目がこれだったのだ。
日本円で300円程度の金を惜しんでいたらと思うとぞっとするが、詳細はこの科目を主題とした際に。

さて、この1年間、特にHọc kỳ 2/2017-2018を通じてわかったこととしては、たとえ皆勤賞をとっても単位取得にならないどころか20点とか30点とかになり、逆に数回休んでも80点取れることもあるということが挙げられる。
(注:いわゆる100点はベトナムでは10点として扱われるため、上記は厳密にはベトナムでは2点、3点、8点と表記される。奇妙であるため読みやすさのために上記では100点満点として書いている。)
疲れているのに無理して頑張って学校に行ってもどうせ無駄になるのだから、休養を取ったり、旅行に行ったりした方がいい。
実はHọc kỳ 2/2017-2018の間に日本に一時帰国をしたのだが、授業を1回も休まないようにするために帰省の日程を短縮したのだ。こんな努力をしても単位をとれないのでは馬鹿馬鹿しいので、来年度からは疲れたら休む、日本への一時帰国や国内旅行はバンバン行くと行ったスタンスで臨むことになる。
これは多分、あくまで自分の頭の中での考えだが、日本の大学は出席で50点以上取れ、テストはあまり重要ではないが、ベトナムの大学では出席が10点以下か、下手すれば出席点がなく、テストが8割以上の割合を占めているのではないだろうか。
他の国から来た学生と、出席点のことについて話したことがある。
「出席点40点はあるべきだろう」と言ったら、やはり、「そうだそうだ」という返答であった。
初めてこの学校に来た時に設備のなさに閉口したが、1年を終えてみて、やはりこの学校が終わってる感を禁じ得ない。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên課題

締め切りは2018年7月2日(月)のようだが、念のため6/29(金)あたりには終わらせた方がいい。
内容は以下の通り。
a) chuyển các câu truy vấn sau sang dạng biểu diễn của quan hệ văn phạm:
a)次のクエリを文法的関係の表現に変換する:
1. Sinh viên nào học môn Xử lý ngôn ngữ tự nhiên?.
1.自然言語処理を学ぶ学生。
2. Hãy cho biết sinh viên có mã số sinh viên MT12003 học môn nào ?.
2.生徒ID番号MT12003の学生を指定してください。
3. Môn Xử lý ngôn ngữ tự nhiên học ở phòng nào, ngày nào, học mấy tiết ?.
3.科目Xử lý ngôn ngữ tự nhiênはどの部屋、日、時間帯ですか?
4. Hãy liệt kê chọ tên sinh viên, mã số sinh viên, tên môn học khác môn học Xử lý ngôn ngữ tự nhiên ?
4.科目Xử lý ngôn ngữ tự nhiênで、学生の名前、学生ID、コースのタイトルを記入してください。
b) Chuyển dạng biểu diễn ở a) sang dạng luận lý;
b)a)の表現を論理形式に変換する。
c) Tạo ngữ nghĩa thủ tục từ dạng luận lý ở b);
c)造語義手続もとは論理で場所はb)
f) Truy xuất dữ liệu để tìm thông tin trả lời cho câu truy vấn ở a).
f)a)で照会情報を取り出すためにデータを取り出す。

Phương pháp nghiên cứu khoa học nâng caoは始まる前から終わっている

先期であるHọc kỳ 1/2017-2018の時期(2017年の後半)に申し込んだが開講されず今期Học kỳ 2/2017-2018(2018年2月から)に持ち越したPhương pháp nghiên cứu khoa học nâng caoであるが、開始時期や曜日がずっと未定であった。
もうすぐ今期も終わるという段になっても始まらない。
念のため学校側に問い合わせると、驚くなかれすでに終わったとの連絡が。
なんと、授業が始まる前から終わっていた。
原因はシステムの不備によるもののようだ。
これに対する学校側からの謝罪はなかった。

結局、Học kỳ 1/2018-2019(2018年10月開始)に持ち越しということになった。
最短で申し込んでから1年越しの授業となる。
ただし、ここまでのガタガタぶりを見るに、本当に2018年10月に始まるかは本当に怪しい。
遅くとも2020年ぐらいにPhương pháp nghiên cứu khoa học nâng caoが開講されれば御の字だろう。

Xử lý ngôn ngữ tự nhiên授業終了!

Xử lý ngôn ngữ tự nhiênの授業が2018年6月17日(日)をもって終了した。
試験は来る2018年7月1日(日)である。
この授業は進め方や課題などフェアであった。
どこぞの物議を醸す授業とは正反対である。
ここ3回分の板書をまとめて掲載する。
20180527
f:id:k4h8:20180621134608j:plainf:id:k4h8:20180621134612j:plain
20180610
f:id:k4h8:20180621134636j:plainf:id:k4h8:20180621134650j:plain
20180617
f:id:k4h8:20180621134712j:plainf:id:k4h8:20180621134716j:plain

これで、2/2017-2018期の授業はすべて終了した。
この授業もそうだが、2/2017-2018期はどの授業も1回も休まなかった。皆勤賞である。
ただ、たとえ毎回出席していても単位習得とは限らないのが恐ろしいところ。
ほとんど出席しないのに単位習得できる日本の大学と正反対だ。
その代わり、入試が楽なので、どっちが良いか悪いかというところではあるが。

Nguyên lý ngôn ngữ lập trình期末試験

授業に参加しても何の役にも立たないとか時間の無駄とか不名誉な枕詞が付くNguyên lý ngôn ngữ lập trìnhであるが、2018年6月13日(水)に期末試験が行われた。問題用紙にはFinal Examと表記されていた。
一応問題は2種類あるようだ。残念ながら問題の持ち帰りはできない。
ただし、今回もA4の白紙が解答用紙とは別に配られたので、そこに問題文を書き写して持って帰ることは可能であった。
f:id:k4h8:20180614104912j:plainf:id:k4h8:20180614104915j:plain